シェアハウス経営で成功する秘訣|年々需要が伸びてる投資

手軽にできる不動産投資

模型

少子高齢化の時代が進むことで、ますます社会保障がカットされ、老後の不安が増していきます。そこで安心して暮らせるように資産形成をしていくといいでしょう。みんなで大家さんなら、不動産投資の知識がなくとも、毎月の配当金を受けとることのできる投資の仕組みになっています。

もっと見る

土地がない人の不動産投資

アパート

土地を持っていなくてもマンション投資はできます。ワンルームを購入して貸し出せばいいのです。銀行もマンション投資なら審査を通してくれます。ただし立地条件の良いワンルームを購入することが大事です。ローンの支払いは家賃を当てれば自分で支払わなくて済みます。ローンの支払いが終われば資産として手元に残ります。

もっと見る

収益が見込める

紙幣

投資で得られる収入には2種類あります。家賃収入とキャピタルゲインです。前者はワンルームマンションの1戸を購入して他人にそれを貸すことで収入を得るというものです。後者は不動産の売買を通してその差額を利益とします。自分に合った不動産投資を行ない、収入を得ましょう。

もっと見る

新しいタイプの不動産投資

お金

需要が伸びている

シェアハウスは入居者が一つの住宅を共有して住む住宅です。なかでも、個別の部屋と共有空間を兼ね備えているシェアハウスが多いです。また、シェアハウスは割安な家賃と契約期間が長期でないので、短期間の利用にも向いていて需要が高まっています。さらに家賃の安さや短期滞在ができる事だけが、その魅力ではありません。実はシェアハウスに住む事で多くの人と交流を深める事ができるので、それを求めてシェアハウスに入居する人も多く若年者を中心に人気が出ています。また、シェアハウスは今後も高い需要を期待できるので、経営をする側にとっても魅力があります。実は一人の契約者に一軒を貸す賃貸経営と比べて、費用対効果が高いのです。また上手く経営していく事で、他の賃貸住宅以上の利率を見込める魅力があります。

従来の賃貸との違い

シェアハウスは複数の人が利用するので、一人が退去しても空室になりません。そのため収益がまったくない期間を減らす事ができます。空室になるとその間は利益が無い中で維持費がかかってくるので、空室のリスクを減らす事は経営を行う上では大切な事です。さらに、シェアハウスを経営者が管理していく中で、普段接する機会のない人と交流を深められるので、利益を出すのとは別の魅力があります。そのためにも、良い物件を探すには良質な仲介業者を選ぶことが大切です。仲介会社とは物件を購入するときだけの関係と思われがちですが、アフターケアも重視しておきましょう。