土地がない人の不動産投資|シェアハウス経営で成功する秘訣|年々需要が伸びてる投資

シェアハウス経営で成功する秘訣|年々需要が伸びてる投資

土地がない人の不動産投資

アパート

ワンルームを賃貸にする

マンションが建てられるだけの土地を持っている人は、マンション経営をした方が節税になります。マンション投資は安定した収入が得られるので、老後の暮らしを豊かにすることができます。土地をもっていなくてもマンション投資は可能です。ワンルームを購入して貸し出せば、立派なマンション投資になります。しかもワンルームだけなので管理が簡単ですし、住民トラブルなどの不安もないのです。銀行でローンを組む場合も、マンション投資なら比較的審査が通りやすいのもメリットです。ただし入居者を常に確保するためには、条件の良いワンルームを確保することが大事です。駅まで徒歩圏内にあるとか、周囲に商業施設があるなどの物件を購入すればマンション投資は成功します。

ローンを払わずに資産形成

ワンルームのマンション投資では、家賃収入をそのままローンの支払いに回せばいいのです。例えば10年のローンを組んで、毎月の支払が7万円だとします。家賃設定を7万円にすれば、そっくりローンの支払いに回せます。こうすることによって10年後にはワンルームを自分の資産にすることができます。つまり、自分ではローンの支払いをしないで資産を持つことができるわけです。10年後にワンルームを売却すれば、売却益が入ってきます。そのまま賃貸に出せば、10年以後は家賃が全て収入として入ってきます。このことからわかるように、マンション投資というのは株などとは違って堅実な投資法なのです。将来の生活設計を支えてくれる頼もしい投資法です。